【相場師朗】 7step株式投資メソッド

2012年06月30日

日経225イブニングセッションにおけるシステムトレード

日経225イブニングセッションにおけるシステムトレード
取引時間の拡大で広がる収益チャンス







取引時間の拡大で広がる収益チャンス

■ 講師コメント
イブニングセッションもスタートしてから売買高も徐々に膨らみ、かつ、ボラティリティも増大してきている。検証用の過去データも蓄積されてきているため、今後、225システム・トレーダーがイブニングセッションに参入してくる可能性が増大してくるだろう。

225先物市場の日中(9時00分から15時10分)時間帯のボラティリティは低下傾向にあり、ポジションをイブニングセッションへ持ち越しながら、利益の増大を狙う等の戦略案も考えられる。

本DVDでは、このイブニングセッションを題材にして、イブニングセッションと日中の異なる部分や傾向等を過去データの検証により、分析する。また、シンプルな戦略例をご紹介し、イブニングセッションでのデイトレード案を少しでもお伝えできれば、と考えている。


■ プログラム
イブニングセッションの傾向

平均値幅[ 単位:円] 比率[ 単位:%]
夕場の値幅の分布状況の検証
前場、後場、夕場の年別出来高とその推移の検証
1日の出来高の時間的推移の検証
夕場の出来高の時間的推移の検証
夕場延長後(2010年7月20日〜)の値幅の変化の検証
夕場延長後(2010年7月20日〜)の出来高の時間的推移の検証
夕場延長後(2010年7月20日〜)の値幅の変化の検証
夕場延長後(2010年7月20日〜)の出来高の時間的推移の検証
5分毎の値動き推移の検証
日中の陽線(上昇)と陰線(下落)の発生回数及び発生率
夕場の陽線(上昇)と陰線(下落)の発生回数及び発生率
日中が陽線(上昇)だった場合の夕場の陽線(上昇)と陰線(下落)の発生状況
日中が陰線(下落)だった場合の夕場の陽線(上昇)と陰線(下落)の発生状況
各曜日の方向感の検証

イブニングセッションとテクニカル分析

夕場での移動平均戦略の検証
夕場での一目均衡表戦略の検証
夕場でのRSI 戦略の検証

イブニングセッションと市場間分析

NYダウの値動きの日中への影響の検証
NYダウの値動きの日中・夕場への影響の検証
NYダウの順張りで夕場をトレードした際のパフォーマンス

その他のイブニングセッションの検証

ギャップ発生時のその後の値動きの検証

著名なトレーダーの手法を検証してみよう!(1) レンジブレイクアウトの検証

3日間高値・安値ブレイクアウト
含み損/含み損のエグジットの検証
ブレイクアウト日数の違いによるパフォーマンスの推移の検証

著名なトレーダーの手法を検証してみよう!(2) 30分の高値・安値ブレイクアウト

30分間の高値・安値ブレイクアウトの検証
ブレイクアウトストラテジーにギャップを加えた検証
30分間の高値・安値ブレイクアウトストラテジーのイメージ図
ブレイクアウトストラテジーにギャップを加えた検証(2)
ギャップ幅の違いによるパフォーマンスの検証
ギャップ幅の違いによるパフォーマンスの検証(2)
ギャップを加えたブレイクアウトストラテジ-のロスカットの設定例
30分間の高値・安値ブレイクアウトストラテジーの損切りイメージ図
ギャップを加えたブレイクアウトストラテジ-の利益確定の検証例
ギャップを加えたブレイクアウトストラテジ-の利益確定の設定例
30分間の高値・安値ブレイクアウトストラテジーの利益確定イメージ図
ギャップを加えたブレイクアウトストラテジ-の利益確定の設定例
30分間の高値・安値ブレイクアウトストラテジーの利益確定イメージ図

日経225イブニングセッションにおけるシステムトレード
取引時間の拡大で広がる収益チャンス
確定申告簡単動画マニュアル『超合理的節税術』
確定申告 簡単 動画ツール
posted by 日経225先物 at 14:08| 和歌山 ☁| 日経225イブニングセッションにおけるシステムトレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする